医療法人社団 いわはら歯科

011-874-7171
平日受付時間:AM9:00〜PM7:00

文字サイズ

歯周病治療


「歯周病」という言葉はみなさんよく耳にされると思いますが、実際のところ、どのような病気かということについてはあまりよく分からない方も多いのではないでしょうか? ”歯周病”は放っておくと、歯を失う事にもなり兼ねない恐ろしい病気なのです。 みなさんのお口の中は大丈夫ですか?

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。 日本人では、歯肉炎は 10~20代前半で60% 、50才代で80%の人がかかっていると言われています。かかっている人が多いからといって油断してはいけません。

歯は一生付き合ってゆくものです。放っていると取り返しのつかないことになります。





歯が抜けるのは老化現象ではなく細菌感染症が原因

よく誤解されますが、歯は老化現象で抜け落ちるわけではありません。細菌感染症である歯周病により抜けてしまうのです。歯周病は、歯肉の溝に住みついてしまう歯周病菌が出す毒素により、歯の周りの組織が破壊されて、最後には歯を支える骨までが溶けてしまい歯が抜け落ちる病気です。
例え高齢者であっても、歯周病菌に感染しなければ、アゴの骨が溶けて、歯が抜けてしまうことはありません。

免疫力が活発でも歯周病は防げません

歯周病菌の中には、白血球に対し、白血球の働きを抑制する物質を出して、白血球からの攻撃をたくみに逃れる頭脳明晰な菌がいるのです。ですから歯周病菌に感染すると、白血球の免疫が効かず、総入れ歯になるまで歯周病菌はアゴの骨をむしばみ続けるのです。

クスリでは歯周病は治りません

歯周病は細菌感染症ですが、それを治療するための抗菌剤を飲み続けると、かえって菌が強力になったり、ある細菌が減ることにより別の菌が増えたりしてお口の中の菌のバランスを崩してしまいます。また、歯周病菌がもっている内毒素に対して白血球は敵がいると判断し、働き続けることにより、そのことがかえってアゴの骨を溶かす発端を作っているのです。
ですから、この内毒素の除去を行わないと骨が溶けるのを止められません。

子供でも容易に歯周病になります

今や歯周病に発症年齢の制限はございません。
親や身近な方が歯周病菌をもっていれば、唾液を介する行為によって感染する可能性が高くなります。
その証拠に0~15歳の2人に1人がもうすでにスピロヘータ(強力な歯周病菌)に感染している日本の現状があるのです。

歯ブラシでは歯周病菌は死にません

歯ブラシは、多少なりとも歯周病菌を掻き出すことができても、それを殺菌することはできません。いくらブラッシングを適正に行って、こすったり潰したりしても歯周病菌は平気で生きているのです。

歯周病菌は血を食べる吸血鬼

歯周病菌は、赤血球のヘモグロビンに含まれる鉄イオンを栄養源として生きています。そのため、歯みがきなどで出血するということは、歯周病菌にとって最高のごちそうを与えているのと同じことです。それによって、歯周病菌は爆発的に繁殖するのです。

歯周病菌は心臓病や糖尿病の原因に

なお、歯周病菌のもっている内毒素に引き寄せられ、錯乱した白血球が過剰に出すさまざまな物質は、歯周組織の破壊だけでなく、それが血液中に侵入すると心臓病や糖尿病、あるいは低体重児早産の原因ともなります。また、高齢者による肺炎の多くは、歯周病菌もしくは入れ歯の内部にたまった細菌による感染によって起きているのです。


■ このような症状はありませんか? ■


* 口の中がむずがゆい感じがする
* 歯ぐきから出血する
* 口臭がある
* 起床時、口の中がねばねばする
* 歯と歯の間に食べ物が入りやすい
* 歯が動いて食べ物が噛みにくい
* 歯ぐきが腫れて時々痛みがある
* 歯ぐきを指で押すと血や膿が出る


いわはら歯科では歯科用レーザーを歯周病治療に積極的に使用しています。

いわはら歯科では歯周病の予防はもとより改善に向け、ブラッシング指導や歯石除去、歯面清掃といった処置を積極的に行っております。上記のような症状がある方はお気軽にいわはら歯科へご相談下さい。

 

診療時間

通常 通常 午前 通常 通常 早朝 休診

午前診療受付 9:30〜13:00
午後診療受付 2:30〜19:00
早朝診療受付 8:15~11:30
※第1、3、5土曜日のみ早朝診療